近況

前回更新から1ヶ月以上経過してしまいました。もうブログ終わったと思われちゃいますね、すみません!

いろいろ忙しくしていました。台湾に来て今が一番忙しい気がします。

まず、えるちゃん、年長さんがスタートしました。クラスメートはそのままで、教室が1階から2階に変わり、担任の先生二人も変わりましたが、だいぶ慣れて毎朝当たり前のように登園しています。

そして、けいちゃんもついに幼稚園デビューしました!ずっと行きたがってたので、一日目は問題なし!でも、、、3日目あたりから怪しくなって、家を出発するのを嫌がったり幼稚園までなんとか着いても、教室に入らずギャンギャン泣き出したりした日もあり。。だんだんよくなっていてここ数日は大丈夫でしたが、まだちょっと心配です。

大変なのが、2人の幼稚園が近いとはいえ違うので、2箇所に送って行かなきゃいけない事。特に今はまだまだ暑くて、自分の仕事場に行く時にはもうかなりの汗だく(~_~;)

そんなおふたりさんがこの夏ずっとハマっているのが「アナ雪」です。年中さんの最後に、年長さんの卒園式で踊った曲が Let it go で、その頃から徐々に。 DVDを日本から取り寄せて、やっと最近見ました。個人的な感想は、曲と映像がすごく良い!内容はそんなに印象に残らないような、、、?(笑)まあでも、二人ともどっぷりハマってます。先日えるちゃんの幼稚園の行事で夜のBBQがあって、カラオケ歌いたい人を受付けてたので、えるちゃんの希望で一緒に日本語Let it goを歌うことにしました。^^ えるちゃん、練習では大きな声で最後まで歌えてたのに、本番では、、、、(笑) ははは。でもいい経験になったかな。

さて、私はけいちゃんの幼稚園が始まる前、転職というものを初めてしました! 在職中に仕事を探すというのが初めての経験で、今回いろいろと勉強になりました。

普通に仕事をしながら
・別の仕事を探す
・履歴書を出す
・面接の日程を決める(仕事を休む)
・希望給料を言う
・新しい会社にはいつから出勤できるか?を決める
・今の会社はいつまで出勤しなければいけないか?を決める

特に最後の2つを決めることについては、コツというか、経験して分かったこともありました。馬鹿正直になってもいけなくて、自分の都合も考えるべきだということを人に相談しながら学びました。今の会社も、新しい会社も、それぞれ自分の利益(都合)を考えて言動するのは当然。求職者の自分は、ついその間で振り回されたり、プレッシャーを感じてしまいがちだけど、現職の最終出勤日の翌日から新しい会社に出勤するのは頑張って避けました。最初はそうするつもりだったけど、やはり自分のリフレッシュ休暇は必要!1週間ほど休みを入れて、次の会社に勤務し始めました。

今の会社は家から5分なので気が楽です〜(*^_^*) 前は車で50分近くかかってたので。子供がいるとやはり近い方がいいです。

でも子供二人幼稚園通いで、フルタイム勤務、まだ慣れません。とはいえ、台湾の幼稚園はお弁当持参しなくていいので、これでも朝は日本のママよりは楽なんだよなぁ。でも夜は二人とも宿題あるから見なきゃいけないし、えるちゃんは夜週二回バレエあるし、他の日も小児科、皮膚科、眼科など何かと子どもの病院通いがあったり、幼稚園の行事(PTAみたいなもの)も最近重なり(台湾は夜開かれる)、後は買い出しなど。ああ時間が足りない〜(*_*)

また近いうちに書きます。

f0249144_11285950.jpg








[PR]

# by lovelypiyos | 2014-09-14 11:30 | 母のひとりごと

2人生活

えるちゃんは夏休みに入りました。たったの2週間ですが、共働きだとこの2週間が大問題。私立の幼稚園なら夏休みはないのでそのまま預かってもらえますが、公立の場合には先生たちも休みになって幼稚園も預かるサービスはないので、働く夫婦はその間子供をどうするか、考えなければいけません。・・・・・・と言っても、ほぼ100%がじじばばの家に預かってもらう、という実態なのだと思いますが。一応私立幼稚園で短期で預かってもらえないか聞いてみたり(ダメでした)、自分とでーさんが1週間ずつ休むか?とも少しは考えましたがやはり現実的ではなく、やはり我が家もじじばばにお願いしたのでありました。というわけで、うちの娘達2人、ただいま田舎でキャンプ中です。(あの田舎生活は、キャンプというにふさわしい、とでーさん。←私は言ってないわよ!笑)

残された私ら夫婦、1週間だけ子供いない生活を謳歌しています~! ・ ・ ・ってなるかと思ったけど、だら~っとしております。洗濯も毎日しなくていいか~とか、自炊も簡単にさぼるし、ビール消費量も増え。でもたまにはいいかなあ?癖にならないうちに帰ってきてもらわないと!2週間の夏休み、1週間だけキャンプ、残りの1週間はこちらにばばと来てもらうことにしました。えるちゃんは週2回バレエもあるしね。ちなみに8月1日からえるちゃんは幼稚園開始、けいちゃんは9月1日から。幼稚園によって1ヶ月も差があるんだね~。


さてさて、妊娠・出産後の数年は子供子供~で来てしまったけど、子供と少し離れてみると、自分のことも大事にしなきゃな~という気持ちも出てきます。今年は仕事も始めたこともあり、社会人としての自分についても考えるところがいろいろとあります。細かいことは置いておいて、まず根底は自分が毎日楽しいと思えることが、これからはますます大事になっていくのかなと。忘れがちなんだけど、その「楽しみ方」は人それぞれで、自分は自分でいい。子供ができる前の方がそういう楽しみ方がうまくできていたような気がするんだよなぁ~。って子供のせいにしてはいかん!子育てとの両立はなかなか難しいけど、少しずつ手がかからなくなってきたし、何か趣味の1つでも始めたいな~。




[PR]

# by lovelypiyos | 2014-07-23 17:39 | 母のひとりごと

やな客!!

今日は仕事の話。
今までの仕事でもいろんなお客さんいたし、仕事と割り切ってるし、そんなに相手にムカ〜っとすることはそんなにないんだけど、今日の客には久しぶりに腹立って腹立って、内心かなり毒吐いてたわ〜!って話です。もう話口調が不快度100‼︎ 肩書き見るとお偉いさんみたいだけど、この人の下で働く人に深く同情したわ。あんな人と取引したくないけど、客は選べない、、、って言うかお客様は神様だしね、しょうがないけど2度と話したくないわ!何回も言われたのが「あのねえ、言ってること分かります?」って、分かってないでしょ?っていう口調で、言い方がすごく人を見下してるイヤミ〜な感じ。はっきり言って、あんたの言ってることの白黒が分からんから聞いてるのに、その一番知りたいことを教えてくれず、遠回しに「だからさっき⚪︎⚪︎と言いましたよね?それを考えたら分かりませんか?」みたいな言い方しかしない、すごい嫌味なやつーー!!こっちはメールで聞いてもはっきり答えないからしょうがなく電話してんのに!!こういう奴って間違えたら間違えたで「なんで確認しなかった?」って言うんだよね、知ってるわ。一つ確認したいだけなのに、さらっと教えりゃあいいじゃんね?てかこれ、ただ1か2って答えるだけだよ?もともとお前のメールの文が分かりにくいのが原因なのに‼︎‼︎自分しか分からない文作ってさ〜、国語勉強したの?ちゃんと分かるように書いてよ。

何よりその話口調が最低で、仕事と割り切ってても腹立ってしょうがなかったです。めったにいませんよ、あんな嫌味な客!!は〜〜〜〜〜腹立った〜〜〜!!これからビール飲みます。すみません、かなり毒吐きました。。。





[PR]

# by lovelypiyos | 2014-06-30 20:29 | 母のひとりごと

写真〜

やーっと、写真載せます!ちょっとだけど、これだけでも数日がかり。。。

f0249144_21311680.jpg
f0249144_21305790.jpg
f0249144_21303062.jpg



えるちゃん髪切りましたよ!その翌日にバレエ始めて、軽く後悔・・・というのは本人には言えないけどね。ま、暑いし、すぐ伸びるだろうし、いっか!

ちなみにこの写真、でーさんがiPhoneで撮ったのを、私のipadで共有して、わたしはipadでLINEカメラで少しデコって、ipadからブログ更新です。落ち着かないやり方です。。 やっぱりカメラ欲しいな〜

とりあえず、やっと写真付きで更新したぞー!
[PR]

# by lovelypiyos | 2014-06-18 21:38 | 5歳&3歳

お母さんになりました

あ、3人目ではありませんよ。想像の世界ではどこかで3人、4人もいいな~とは思いますがね。人間はどうしてもないものねだりしてしまう性があるようで、もうしょうがないですね。同僚さんの一人におなかの大きな人がいるのですが、なんかうらやましいな~懐かしいな~と思っちゃうんですよね。自分にも、おなかの中にあかちゃんが存在してた、あの10ヶ月×2回。あの時だけの、自分だけが感じるお腹の幸せな感触、動かれたり蹴られる時の感じとか、座ったり横になったときの、確かに重いんだけど嫌ではない重みね。いまだに体は少し覚えているもので、妊婦さんを見ると微笑ましく思います。おなかの中にいるときだけは、泣いたりわがまま言って困らせたりもないし、どこに行くにもいつも自分と一緒で、早く会いたいな~と楽しみもあるしね。いざ生まれきたらお世話が始まって大変なんだけどね~。

って話が脱線しましたが、タイトルの意味は、子どもたちの呼び名が「ママ」から「お母さん」に変わった、ということです。台湾でも「パパ」(正確には「ババ」。笑)「ママ」なので、日本語も自然に「ママ」になって、別に違和感なく来ましたが、この前ヤフーのニュースで「子どもになんと呼ばれたいか」のアンケートが載ってて、1位が「お母さん」って言うのを見て、そういえばお母さんっていう呼び方もあったなぁ、これからずっとママでいいかな~?と考えるきっかけになりました。子どもたちは、「お母さん」という呼び方は、絵本にも出てくるし、トトロの中でもそう呼ばれてるので知っていますが、自分たちのお母さんは「ママ」という認識。 でもちょっと試しに、けいちゃんがそこにいたので「ママのことお母さんって呼ぶ?」と聞いたら、「うん!」と言ったんですよね~。そこからはけいちゃんは「おかーさん!」の連呼。えるちゃんも影響されて「おかーさん!」って。 で、あっさりお母さんデビューとなりました。。。

でも呼ばれる方としては、正直お母さんと呼ばれる方が年取った気分です。初めて孫ができて、孫に「おばあちゃん」と呼ばれるのが抵抗あるっていう感じにちょっと似ているかな?(笑) でも同時に嬉しさのような、いい意味で身の引き締まるような思いもあります。

ってことで、34にしてママからお母さんになりました。子どもたちも自分もまだ間違って「ママ」って言っちゃう時があるけど、時間の問題かな~?



[PR]

# by lovelypiyos | 2014-06-07 18:04 | 母のひとりごと